<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
小屋でひしめき合う
e0248347_12302980.jpg

ドラムス ベン!
ふたりをパシャリ!(1年以上前)
どうぞよろしく!



【7月23日 月曜日】

息子がまたいろいろなしぐさを 見せてくれるようになりました


ご飯を食べる前に 手をあわせて「いただきます」と言うと 息子もパチンと手をあわせ 「レロレロレロ」と似たようなことを言うのです


あとわてら親が「パチパチ」と口で言うと 息子は手を叩いて見せてくれたり

「走る走る!」と言うと 両腕を振って見せてくれたり

「もしもし」と言うと 耳に手をあて なにやら話しをしているようなそぶりを見せてくれます



きわめつけに 飛び上がるほど嬉しかったのは ママ(妻)が息子に「パパどこかなあ?」と言うと ニッコリ笑って振り返り わてを指差して「パパ」って言ってくれるのです



これにはさすがにやられました



端から見れば 何がそんなに嬉しいのかなって思われてしまうと思いますが わてら親は魔法にかけられているのです



息子の放つ愛の魔法にね




【7月24日 火曜日】

仕事帰りに赤ちゃん用品店に寄る

妻からお尻拭きを頼まれました


大人はトイレットペーパーで済みますが 赤ちゃんはそうはいきませんからね



自分が赤ちゃんの時は なにでお尻を拭いてくれていたのかな


紙を水で濡らして拭いてくれていたのかな


お母さんやお父さんに魔法をかけていたのかな



ひとつわかるのは たくさんの愛情を受けていたということです



どんなにさかのぼっても 保育園児の頃の記憶までしか思い出せませんが 強くたくましいお母さんが 「大好きだよ」って言ってくれている笑顔ばかりが思い浮かびます



妻にはかなわないけど 自分も同じくらい息子に愛情をそそぎたいです




【7月25日 水曜日】

携帯電話のメモリーカードに入っている写真がすべて消えてしまう


すごくショックでした


なぜ消えてしまったのか


息子が産まれた頃の写真を見ようとして メモリーカードを読み込んでいたのです


あまりにも「読み込み中」という画面が長すぎたので クリアボタンや切るボタンを押したんですが 画面が何も変わらなかったので 切るボタンを長押しして 強制的に電源を切りました


たぶんこれがいけなかったんだと思います


再び電源を入れて ピクチャーを見ようとすると 「ピクチャーがありません」と出る


目を疑いました


そんなばかな!


そんなことあるはずがないと 何度も電源を切っては入れて ピクチャーを見ようとする


これを繰り返しましたが 携帯電話の画面には「ピクチャーがありません」



ばかやろう!



でも冷静になって考えてみました



この反対の人もいるんです



この世に写真だけが残されて わが子がかえってこなくなってしまう人もいるんだと思えば 写真がなくなるだけですんでよかったと思えます



なんにでも言えることかもしれませんが 考え方ひとつで 気持ちは抑えられるのです



でもやっぱりショックです




【7月26日 木曜日】

お父さんが海外旅行に出かけました


1週間ほどの予定でね


出発前 ポロシャツとジーンズを着て 素足に革靴を履いたお父さんを見て 「カッコいいじゃん!」って心の中で思いました


「ポーチは?」と聞くと 「オジンくさいからカバンに入れてくわ」って


利便性より見た目を気にするなんて お父さんらしくないなあ なんて思いましたが 何も言いませんでした


駅まで送る道中 今年75歳になるお父さんは 「これが最後の海外旅行だ」って言っていました



駅に着き 20キロ近い重さのケースをひょいと持ち上げ転がしていくお父さんの背中を見て まだまだいくらでも旅行に行くんだろうなあって思いました



ゆっくり楽しんできてよ



【7月27日 金曜日】

携帯電話のメモリーカードに残されている どうでもよいデーター


なんでこれが残って 息子の写真や妻の花嫁姿の写真が消えてしまったんだと思いながら削除する


すると削除するのに とてつもない時間がかかっている


おかしいなあ さらっと消えると思うんだけどなあ



これはなにかあるぞと メーターがたまる前にキャンセルにして ピクチャーを選択した瞬間



息子や妻の写真が!



やったやったやったー!



そんなに簡単に消えるわけないと思っていたんだ!



飛び上がって喜びました



そんなハッピーな気持ちのまま 夜は「下島右己 with ONORED」のバンド練習で 中川区の練習スタジオへ行く



中身の濃い練習 ここはこうで あそこはああでと やってました


わては自分のドラムの音を口で説明する時

スネアは「タカ」とか ハイタムは「トコ」

など 勝手に表現しています



空気は張り詰め みんな真剣な中

「ここタカチャーンですかね?」と自然と口にした時


少しゆるんだ気がしました



そこは「トコトコチャーン」になりました



練習中 曲の中で最も盛り上がる場所にさしかかった時 バチン!と部屋が真っ暗になったりするアクシデントがありましたが 無事にみっちり練習を終えることができました



皆さんお疲れ様でした




【7月28日 土曜日】

妻の歌う陽気なサンバのリズムにノリノリになって踊る息子を見ました


踊ると言っても 両足を交互に跳ねてピョンピョンしているだけなのですが ついつい笑ってしまいました


テレビのニュースで ダンスが必修科目になると言っていましたが こりゃ息子は得意科目になりそうだ


なんて勝手に思い込むわてでした



【7月29日 日曜日】

朝から準備をして 中川区の練習スタジオへ行く


ドラムをポコスカ


ではなくみっちり合わせさせてもらいました


妻からの「1時までには帰ってくるように」メールで 足早にお先に帰らせてもらい お昼からは妻と息子とお買い物


来月 8月1日に1歳をむかえる息子の誕生日の準備


初めての靴を選んだり 妻が手作りケーキを作ってくれるので その材料やのせるお皿


いろいろ見て回っていたら夜になってしまったね




テレビドラマが好きなわてですが 最初に好きになったテレビドラマは 小学6年生の頃にやっていた「愛しあってるかい」です


人を好きになる気持ち 好きなのに言えない辛さ 幼いながらにいろいろなことを感じていました



今もやっぱりそんなテレビドラマが好きです



音楽も同じで 大切な人を想い 聴いていて胸がしめつけられるような歌が やっぱり好きです



もちろんそればかりではありませんが ラブストーリー ラブソングが大好きなベンパパは 今も妻と愛しあっています





よし!今週も始まったかあ!始まったかあ!
今週は水曜日に息子が1歳になるぞ!
行くぞ!おうー!
[PR]
by The4mation_BEN | 2012-07-30 12:30
お昼寝をする
e0248347_12374780.jpg

ドラムス ベン!
サスケ(左)リュウノスケ(右)
をパシャリ!
どうぞよろしく!



【7月16日 月曜日】

わが家の一員の猫達のご飯の容器がからっぽだ


うちはひとつの容器で 二匹が好きな時に食べるかたち


簡単だし 同じご飯(カリカリ)だから分ける必要がないのです


常時カリカリが入っているようにしているのですが ふと見るとからっぽになっていた


カリカリをその容器に入れると 下からふたりの鈴の音が同時に聞こえてくる


カランカラン!チリンチリン!


階段をのぼってきたぞ


ひとあし先に カランカランのサスケ君が ご飯の前に来てカリカリを食べようとする


一歩遅れた チリンチリンのリュウノスケ君


顔をサスケ君とご飯との間にグリグリとねじ込ませ サスケ君をどかしてからガツガツと食べだした


ふたりの力関係は 3歳違うということもあり サスケ君が上なのですが 食べることに関しては別のようです


こいつなかなかやるなあ


わては どかされたサスケ君に 「こっちで食べな」と 銀色の小さな容器に入れて置いてあげた


するとそれを見たリュウノスケ


ダダッと来て今度はこっちのをガツガツ食べ出す


なんてやつだ


サスケ君はもともとのご飯のところへは行かず 至って冷静にふるまい リュウノスケが食べ終わるのを待っていた


やっぱりお兄ちゃんだなあ


わてはリュウノスケが食べ終わるまで見ていた


それほどたくさん食べるわけでもなく 少ししたらすぐにリュウノスケは去っていく


足を曲げずにドタドタ歩いて


さあやっと食べられるねサスケ君


と思ったら サスケ君はまず食べる前に 右の前足でご飯を隠そうとしていた


何もない床をこすって


それよくやってるけど なにひとつ隠せていませんよ



そんなふたりの性格の違いを見たひとまくでした



仲良く玄関でお昼寝をするふたりをパシャリ!




【7月17日 火曜日】

暑かったなあ


名古屋は気温が35度にもなったって


息子の手拍子が日に日に上達してきています


みんなと一緒にニッコリ笑って手拍子をする息子を見ていると ほんと罪がなくて癒されます



音楽に合わせて足をトントン踏んでいたら 知らないうちにマネをしている息子に気がつきました



わてはかかとをつけてつま先だけでトントンやっていたのですが 息子はまだそれができないので 足をあげてひざを曲げてドンドンやっていました


パパを見てマネしてくれていたんだね


こりゃリズムのしっかりとれる子になるぞー



【7月18日 水曜日】

今年初めてセミの声を耳にしました


夏だね


夜はThe 4mationのバンド練習で 中川区の練習スタジオへ行く


メンバーみんなが揃い みっちりとレコーディング前の練習をしました


最終仕上げというやつかな


どの曲もすごくいいです



レコーディングがとても楽しみだ!




【7月19日 木曜日】

妻が「ドンタン ドドタン」と口ずさんでいる


歌ではなく ドラムの音を口ずさむなんて なんか嬉しいねえ


それにはちゃんとわけがありました


息子がその「ドンタン ドドタン」に合わせて足踏みをしているのです


もしや 妻は息子にドラムを好きになってもらいたくてやってくれているのでは?


真相はわかりませんが とても嬉しく思いました



そうだ 朝とても怖い夢を見ました


最近見ていなかったのに



妻とふたりで部屋から外を見ていたら 妻が急に走り出す


わても妻を追って走る


妻が「待て!」と追いかけるのは 若い男3人組だ


どうやらその3人組が 前の家のおばあさんを誘拐したみたい


妻は男達を追って 古い屋敷の階段をすごい勢いでのぼる


最上階で3人組の若い男達を追いつめる


3人のうちの2人がナイフを持って飛びかかってくる


わては妻に「逃げろー!」と叫んで3人組と戦う



たぶんね このあたりで起きたと思います


起きて夢だとわかり ひと安心


それからしばらくはボーッとしながら 想像の世界で3人組と戦っていました



しかし夢の中でも妻は正義感が強いんだなあ




【7月20日 金曜日】

楽しみにしていた「サラケダシ」を見に行く


カッパを持ってケッタ(自転車)をこいで出発!


途中でやはりザザ降りになってきたので カッパを着ると すぐにやんだり また降ってきたりで おかしな雨だったね


ライブハウス タイニーセブンへ到着


続々とやってくる皆さんに挨拶


そしてアコースティックギターを持ったユウさん(下島右己)がステージへ登場したら サラケダシ弾き語りワンマンショーの始まりだ!


いきなり一曲目から35歳になったわてに乾杯ソングを歌ってもらい 飛びはねるくらい嬉しかったです


そこからは たくさんの歌を皆さんと一緒に楽しませてもらいました


しっとりと聴かせてもらったり 息が続く限り叫んだり ツイストをかましたりね


それぞれ曲に対する思い入れの大きさに 違いはあると思いますが どの曲も大好きです


やっぱり共感できるからこそというのが 一番大きい気がします


その言葉を別の誰かが歌っても それはまた違うものになると思います


その人のその言葉だから まっすぐに受け入れられるというのかな


とにかくこの「サラケダシ」通いはやめられません



こんなふうに わても誰かに何かしらの影響を与えられるようになりたいです



ライブの本編が終わり 最後はマツクラさんではなく わてがカホンを叩きながら歌わせてもらいました



楽しかったあ!


外へ出ると まだ小雨が降っていたので カッパを着て キコキコ帰りました




【7月21日 土曜日】

待ちに待ったThe 4mationのレコーディングの日


朝から準備をしてケッタで出発


そうです 意外にも レコーディングスタジオは わての家から近い場所だったのです


スネアケースを背負い ペダルケースを前カゴに お腹の前にウエストポーチ


キマってたね


名古屋の守山区にあるレコーディングスタジオ 「スプラッシュ」に着き 本日お世話していただくヤマグチさんに挨拶


そしてメンバーみんなが揃い レコーディングスタート!


4曲 順調にいったと思います


そして歌まで入れ終えた午後4時


妻と息子が差し入れを持って 顔を見せに来てくれました


みんなを前にして 息子は恥ずかしがりもせず しっかりとみんなの顔をまじまじと見ていました



大物になる予感がしたね



妻は タカオさんとは以前から親しくさせてもらっていて 今日タカオさんと少し話しをして さらにThe 4mationを応援してくれるようになってくれました


まだ未定ですが 10月と11月にライブがあるかもですが ドラムスベンは 妻の応援のおかげで頑張れます


The 4mation 2枚目のCD できあがるのが楽しみです!




夜 近くの大きな公園で年に一度の打ち上げ花火がありました


19時半からの45分間


花火を初めて見る息子は ギャーっと泣いたり驚いたりするわけでもなく まじまじとキレイに咲く打ち上げ花火を見つめていました


そんな息子と一緒にパシャリ!


偶然にも ハートの花火があがったとこでした





夏の終わりの打ち上げ花火 遠くに見えて


ではなく 夏の始まりの打ち上げ花火で わりと近かったですが 片腕に息子を抱き しっかりと妻の手を握った


こんなに頼りない右手でも握ってくれる人がいる


頑張らないと!



来年もまた一緒に見ようね




【7月22日 日曜日】

朝から準備をして中川区の練習スタジオへ行く


ドラムをポコスカやって 加茂さんと話しをしてから帰りました



家に帰ると 妻は体調が悪く とてもお出かけできるような状態ではなかったので ひとりお買い物へ行く


買い物から帰ると 息子とお昼寝をしている妻


早くよくなりますように!と願った






よし!今週も始まったかあ!始まったかあ!
暑さに負けずに頑張るぞ!
行くぞ!おうー!
[PR]
by The4mation_BEN | 2012-07-23 12:37
35歳になった
e0248347_11294018.jpg

ドラムス ベン!
自分をパシャリ!
どうぞよろしく!



【7月9日 月曜日】

教育テレビに出ている小さな女の子に釘付けになっている息子


もう異性を気にし始めたのか?



違いました


その女の子は お皿のご飯をスプーンで上手に食べていたので お腹が空いている息子は それが気になってしかたがなかったみたい



まだ何を話しているのかわからないけど 口の中で舌を動かしたりして なにやら一生懸命に話そうとしていることはわかるよ



早く思ったことを口にできるようになりたいね




【7月10日 火曜日】

35歳になりました


もう35なのかな?まだ35なのかな?


自分の中ではまだ35ですね



今日という自分にとって特別な日は 特別な服を着て自分撮影でパシャリ!


The 4mationのカッコよくなる帽子もかぶってね



夜ご飯はとても豪勢で 早く食べたい早く食べたいってなっていました


お父さんが帰ってきて 妻と息子とみんなが揃い「乾杯しようか」ってなると お父さんは「あれ?」っという顔をする


妻が「誕生日おめでとうー!」と言うと


お父さん真剣に 「誰の誕生日だ?」って…


ズコー!


これね 本当に本気なんです


さすがに妻もズッコケていたよ


まあそんなもんです


そんな妻も3週間先の息子の誕生日で頭がいっぱいみたいだし



でも楽しく賑やかに過ごしました



今の自分は最高に幸せ者だという感謝の気持ちでいっぱいでした



大好きな人の後ろで 大好きなドラムが叩けていること


愛する妻と息子が元気いっぱいなこと



ほかにはなんにもいらないよ



でもスティックはたくさんほしいな


変に期待していたけど もらえなくてあと数本の状況だし



あと欲を言えば いつかまた単車にのりたいな


風を切って走りたい



ということで ほかにもほしいものはあるよ にしておきます




【7月11日 水曜日】

The 4mationのバンド練習で 中川区の練習スタジオへ行く


メンバーみんなが揃い練習スタート


10日後に控えたレコーディングに向けて しっかりと足元からじっくりやりこんだね


とても意味のある練習でした




【7月12日 木曜日】

暑くて上半身裸でうろうろしていた


息子を抱っこすると わての乳首を見つけた息子が 指でつまんできた


痛い痛いー


そうだったんだあ!


上半身裸で息子を抱っこすると これやられるんだったあ




いじめがニュースになっています


これはずっとなくならない問題だと思う


いじめられる側には何の罪があるのかな?


相手をイラつかせてしまうということかなあ


弱い心かな


優しすぎるところかな


ひと言多いとこかなあ



ほんと数えきれないほど 考えられないような いろいろな理由があると思います


だから数えきれないくらいの悩みがあり 数えきれないくらい乗り越えるための道があると思う



好きな歌の一ヶ所にこんなフレーズがあります


「今はたいしたことじゃない たいしたことじゃない」




わての中学時代 高校時代の夢は「はやくおじいさんになりたい」でした


目にうつる平穏に暮らしているそこらへんのおじいさんがうらやましくてうらやましくて ずっとそう思っていました


その時はそうなんです




その時は 10年後にドラムに出会って素晴らしいメンバーと音楽を楽しんでいる姿なんて想像できるわけありませんからね



だからそのフレーズは 命を絶ってしまった人以外のすべての人に言えるような気がします





【7月13日 金曜日】

見に行きたいライブがありましたが 今月はいろいろあるので我慢です


我慢していることを妻に言わず おさえている自分がちょっとカッコよく思えました



20日の金曜日に「サラケダシ」に行かせてもらうからね



息子がオモチャの電話を持って「もしもし」のポーズをとって見せてくれた


すかさずわても携帯電話を耳にあてて「もしもしー」



ほんとこんな光景想像できなかったなあ



オモチャの電話がなくても「もしもし」をする息子をパシャリ!



ほんとあいきょうがあっておもしろいです




【7月14日 土曜日】

妻からほんのささいなことで「ありがとう」と言ってもらえた


これがなんとも嬉しくてね


気分爽快で息子とお風呂



息子にはまず「ありがとう」という言葉をおぼえてもらいたいです




【7月15日 日曜日】

朝からドラムを叩きに 中川区の練習スタジオへ行く


ドンタンポコスカやって帰る


お昼ご飯に 妻が作った離乳食を 息子に食べさせる


おかゆにカツオ風味のふりかけがかけてあるご飯と ジャガイモやら豆腐やらが入っていて しっかりと とろみをつけてあるおかず

自作の歌にのせて食べさせてあげました



デザートは 柔らかく細かくしてあるバナナ


ひとくちひとくち ちょっとばかし無表情だけど ムシャムシャ美味しそうに食べる息子



はやく大きくなってほしいなあ






よし!今週も始まったかあ!始まったかあ!
今週は水曜日にThe 4mationのバンド練習!
金曜日に楽しみな「サラケダシ」!
土曜日はいよいよThe 4mationのレコーディングだ!

行くぞ!おうー!
[PR]
by The4mation_BEN | 2012-07-16 11:29
大あくびをする
e0248347_124095.jpg

ドラムス ベン!
リュウノスケをパシャリ!
どうぞよろしく!



【7月2日 月曜日】

タクミ君に送るものがあり パソコンを借りようとお父さんの部屋へ行く


すると わが家の一員の猫のリュウノスケが ゴロンと横になっていた


お父さんが毎朝やっているランニングマシンの上で まるで人が寝ているような体勢で横になっている


ランニングマシンのスイッチを入れてやろうかとも思いましたが やめておきました



携帯電話のカメラをむけると グーっと両手をのばして大あくび


そんなリュウノスケをパシャリ!


まったく 君は気楽でいいねえ





【7月3日 火曜日】

一日中雨でした


いつもしょっているお気に入りのリュックサックのチャックが 閉めても開く状態になる


学生時代から使っていましたが もうここまでかな?


いや かけ違えた所さえ直ればまだ大丈夫だろう


チャックを戻すと 片側がズレているのがわかった


ここだ!


かけ違えたところまで戻って直す

また何度も壊れると思いますが 今まで以上に チャックの開け閉めを優しくしていきたいです




【7月4日 水曜日】

息子がまた初めての動作をおぼえました


あまり良いとは言えないのですが 鼻ほじりです


耳の穴は 以前からよく指を入れていたのですが 今日初めて鼻の穴に気がついたみたい



初鼻ほじりということで パシャリ!


わが息子ながら ほんと笑えます


動きが早くなってきて 起き上がるのも 歩くスピードも スムーズになってきました


妻とふたりで手拍子をすると 一緒になって手を叩く息子


親ふたり揃って「ちょっちょんがちょん!ちょっちょんがちょん!」って大きな声で


なんの恥じらいもなく


このように ほんとわてら親は魔法にかけられています




【7月5日 木曜日】

特に何事もない穏やかな一日でした


こんな時こそ 当たり前に生活ができていることに あらためて感謝をしないと


住む家があること 食べるご飯があること 愛する家族がいること


それをしっかりと噛みしめた夜でした




【7月6日 金曜日】

名古屋の中川区の練習スタジオへ行く


下島右己 with ONOREDのバンド練習


張りきって向かいました


しかし現実は甘くありませんでしたね


頭ではわかっていても体が思うように動いてくれない


だから悔しい気持ちが大きかったかな


でもそのぶんやりがいも感じるし楽しみも大きいです


余裕がでてくれば きっと楽しんでできるはず



あとは こんなわてを全力で応援してくれる妻がいれば 怖いものなしです





【7月7日 土曜日】

妻といろいろなことを思い出して話しをしていました


10年前の8月にライブハウスで出会った時のことから 去年の8月の息子の誕生までのこと


やはり出産は 今思い出しても地獄みたい


わては わかる人にしかわからないと思いますが 「こうもーん!」「ながおしー!」を思い出して大笑い



ほんと元気な子を産んでくれてありがとう




【7月8日 日曜日】

朝から 中川区の練習スタジオへ行き ドラムをポコスカやって帰る


今日は妻が美容院へ髪を切りに行くため 息子とお留守番でした



追いかけっこで疲れてゴロンと横になるわて


最近 壁のスイッチを押すことをおぼえた息子


押すと10秒ほどの音楽が流れ出すのです


わてはゴロンと横になり動かずにいて 息子がスイッチを押し 音楽が流れている間だけタンタンとリズムをとって動いてみた


音楽が終われば わてもピタリととまる


わてをポンポン叩いては ピクリとも動かないわてに あれ?あれ?っとなる息子


息子なりに理解したんだろうね


動かなくなるわてに気づいては スイッチを押しに行く


これを繰り返し繰り返し何度もやっていました


ほんと飽きないよ



美容院から 妻が一段と勇ましくなって帰ってきた


やっぱりショートヘアーが似合うね


そこからみんなで赤ちゃん用品店へお買い物に行き 平和な日曜日は終わりました






よし!今週も始まったかあ!始まったかあ!
火曜日に35歳になるぞ!
水曜日はThe 4mationのバンド練習!
行くぞ!おうー!
[PR]
by The4mation_BEN | 2012-07-09 12:40
クラブノットで
e0248347_12514374.jpg

ドラムス ベン!
THE PRISONERのボーカル ジュンイチロウさんをパシャリ!
どうぞよろしく!



【6月25日 月曜日】

背中が痛い


すぐにピンときました


昨日の練習だ


腰が痛いとか 肩がこったとか 花粉症だとか 古傷が痛むとか そういった体の異変を今までに感じたことはありません


結構重いものとかを持ったりして 体を酷使してきたつもりですが 不思議とないのです



でも背中が痛いのはあります


特に張りきった日の翌日とか翌々日


それが今日きました




【6月26日 火曜日】

寝たら背中の痛みがなくなりました


まだまだ若い証拠だね


夜 The 4mationのバンド練習で 中川区の練習スタジオへ行く


みんなが集まりライブ前の練習開始


思い切り汗を流しました


休憩中は タカオさんとベースのマー君のサッカー話しが大盛り上がり


わては わけわからないんだけど うなずいたりしていました




【6月27日 水曜日】

わてだって人並みに恋もしたし 多いとは言えないけど 恋愛経験はそこそこあると自負しています


もちろんそれだけ悩んだりもしてきました



21歳の時と31歳の時に 大きな岐路に立たされたこと


苦しかったことも 心を鬼にしたことも忘れていません


歩む道でつまずき悩むたびに その時のことを思い出すのです


すると あんなにも苦しい思いをしたのに 今はなんてちっぽけなことで悩んでいるんだって思えます


過去の苦しみを今の励みにするということは よくないことかもしれませんが わてはそうやって乗りこえていくのも手段だと思います


特に今自分に悩みがあるわけではありませんが 悩んだ時は経験をいかしていきたいです




【6月28日 木曜日】

仕事帰りにドラッグストアでお買い物


合計金額が696円なる



「ロッケンロー」とささやいた



そんな自分に酔いしれ ちょっとカッコよく思えました




【6月29日 金曜日】

楽しみにしていた「サラケダシ」 ユウさん(下島右己)の弾き語りワンマンを見に 名古屋のライブハウス タイニーセブンへ行く


今は月に一度の楽しみになっています


ケッタ(自転車)でいつもの名古屋へ行く道を走る


とある橋を渡ると 交差点のわきにたくさんの花とコーラが供えられていた



タイニーセブンへ着き 続々とやってくる馴染みの皆さんに挨拶



お子さま連れのかたがたを見るたびに うらやましく思います


いつかうちも家族で来たい!って思うんです



会場内が賑やかになり 少し遅れてユウさんの登場


マイクを前にアコースティックギターを持ってドンと立つユウさん


さあサラケダシワンマンショーの始まりだ



たくさんの歌を聴かせてもらい ほんと贅沢三昧でしたね



みんなで笑ったり みんなで合唱したり わてひとり踊ってたり


とても温かく とても居心地のいい場所なんです


この場所をまだ知らないかたも 知っていても平日の夜で忙しいかたも いつかこの時を一緒に過ごすことができたら嬉しいです



最後に歌ってくれた「サラケダシ」は やはり最高でした



アンコールでは マツクラさんがカホンで登場


そして みんなで歌い幕がおりました



気がつくと日付が変わっていたので 皆さんに挨拶をして帰る




帰り道 行きにも通った橋にさしかかると 若い男の子や女の子が 供えられたお花に手を合わせていた


あとに残された仲間達の悲しむ姿を見ると なんともいたたまれない気持ちになります



他人事ではないということを肝に命じていきたいです




【6月30日 土曜日】

待ちに待ったThe 4mationのライブ

朝早めに起きて 猫達のトイレを洗った


月の終わりに砂を取り替えることにしているのです


きれいに洗って 新しい砂を入れた直後


一員のリュウノスケがドタドタやって来て 何くわぬ顔でトイレに入りウンチをする


このやろうって思いました



そして豊橋へ出発!



今回はチャーマーさんと合流して一緒に向かいました


下道で3時間 無事に豊橋クラブノットに到着


メンバーのみんなが揃いリハーサル


リハーサル後は 本番に備えて近くのリハーサルスタジオで軽く汗を流す



会場へ戻りスタートを待つ


本日のイベントは「STAND UP TOYOHASHI」


主催者であるタカハタさん いつも本当にありがとうございます



出演バンドは

Nano
悲闘男
トカゲノシッポ
The 4mation
AV169
THE PRISONER

の6組

DJは

NISHI
正(吠えあげろ)

のおふたかた


少し早い夕方の5時から始まりました


1番手はNanoという4人組バンド


軽快でとてものりやすいって思ったね

演奏技術も素晴らしいと思いました



2番手は 悲闘男だ

久しぶりにライブを見させてもらいました


素直にカッコいいって思えたね


ギターのノブさんは 以前よりも迫力が増していました



3番手はトカゲノシッポという3人組バンド


ボーカルのかたの 控えめだけど強く揺るがない気持ちがストレートに伝わってきました


言いたいことがなんとなくわかるだけで こんなにも入り込めるんだ



4番手は わてらThe 4mationです

ステージへ飛び出すと 皆さんが大きな歓声でむかえてくれた


「よし!やってやるぞ!」でライブスタート


思いっきりやらせてもらいました


やっぱりThe 4mationの歌が大好きです



メンバーと目を合わせながら プレイをする


ギターのタクミ君と よく合いましたね




ベースのマー君が最後ということに関しては 意識しないようにしていましたが マー君の背中を見ていたら やはり寂しさが込み上げてきてしまいました


名古屋のサンセットストリップへ行けばいつでも会えるのに


不思議だね



ライブが終わり タカオさんから「お疲れ」ってひとこと言われただけなのに とても嬉しく思いました



ササッと着替えて会場へ



5番手は AV169だ

いつも勉強になります


うまいんです


まるでCDを聴いているようだよ




6番手は 待ってましたTHE PRISONERだ


ヨッスィーさんと最前列へ


最初のSEが流れ出した瞬間の 全身がしびれる感覚


うおー!ってなるね


メンバーさんが次々に登場して 最後にボーカルのジュンイチロウさんの登場


曲が始まれば 会場内の熱気も最高潮


思い切り楽しませてもらいました


写真も忘れずパシャリ!パシャリ!


8連写機能に設定して パシャリ!パシャリ!


少しでも伝わればいいなあ




7人組のTHE PRISONERは 6人のステージでしたが メンバー紹介で ギターのトモノリさんを紹介した時 グッときてしまいました



最後は大好きな「LETTER」をやってくれました


負けないくらい思いっきり一緒に歌った



アンコールまでしっかりと楽しませてもらい ライブはすべて終了

ライブハウスの外で写真を撮ったりした後 チャーマーさんと名古屋へ向けて出発




帰り道 「よし!やってやるぞ!」って強く思えた




【7月1日 日曜日】

お昼前まで寝てました


よく眠れるのは若い証拠だね



窓ぎわで寝ている一員の猫のサスケは 鼻ちょうちんを作っていた


昼からは息子とお揃いの服でお出かけ

嬉しくってパシャリ!




晩ごはんの時 息子が投げたオモチャのしまじろう君が 妻の持つ茶碗にダイレクトに入る


ナイスコントロール!


妻と顔を見合わせて笑っていました




よし!今週も始まったかあ!始まったかあ!
今週は金曜日にドラムを叩きに行くぞ!おうー!
[PR]
by The4mation_BEN | 2012-07-02 12:51



The 4mation ドラムス BENのブログ
by The4mation_BEN
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31